VOICE
会員の声

先輩たちのリアルな本音!

悠悠タウン基町勤務
實川 裕之さん
悠悠タウン基町で訪問介護をしております。介護福祉士会の会員になって5年目になりました。
その間、歯科の先生からは今では当たり前になった口腔ケアの大切さや「注文を間違える料理店」で有名な和田行男さんからはこれからの介護業界についての熱いお話をお聞きしたり、さまざまな研修を受けさせていただきました。また介護の学校では、一般の方を含めたたくさんの方に、介護についてより深く知って頂けるよう運営サポートをさせていただいたり、介護の魅力を伝えるお手伝いに沢山携わらせて頂いています。
会員になる前は僕の介護技術の方法があっているのか、利用者ときちんと向き合えているか悩んでいた時期もありましたが、会員になって介護の先輩、後輩、同世代の仲間と意見を交換しあうことで、少しずつ自信が持てるようになりました。
日頃、介護の仕事をしながら、こんなに素敵な出会いがあるんですよ!こんなに素晴らしい生活を利用者さんと共に過ごしているんですよ!と言うことを皆さんに伝えたいな、と思っていましたので、介護福祉士会の研修やイベントに関わらせて頂きながら、更なる研鑽、そして魅力を皆さんと共有出来たらいいな、って思っています。
現在会員になってらっしゃらない皆さんにも、会の活動やイベント、研修会などを通して沢山の想いを語らいあって、明日への活力になって頂きたいです!
皆さん宜しくお願い致します。
トリニティカレッジ広島医療福祉専門学校勤務
寺藤 美喜子さん
こんにちは。広島市中区にあるトリニティカレッジ広島医療福祉専門学校で教員をしている寺藤と申します。介護福祉士会の会員になり○年が経ちました。
入会のきっかけは前職(介護老人保健施設)で施設の上司から言われた言葉でした。「数は力。介護福祉士を確たる資格にしたいと内輪で言っているだけでは何も変わらない。職能団体に入りなさい」そう言われ入会しました。
入会すると間もなく、たくさんの研修要綱が定期的に送られてくるようになり、興味のある研修には積極的に参加するようにしました。もちろん研修では知識や技術を身につけることができましたが、それ以上に私にとっては研修で出会った他施設で働く介護福祉士の皆さんとつながりができたことが、介護福祉士会に入会した何よりの財産になったと思っています。
今は介護福祉士養成校で教員をしているため、利用者さんと直接関わることはできません。しかし研修で出会った方々に、今でも利用者さんを支援する喜びややりがい、介護現場ならではの課題等を聞き、学生たちに伝えたり問題提起をしています。また、学生たちには学生の時期からしっかりと介護福祉士会に関わる環境をつくるようにし、卒業した後も介護福祉士会の会員として自分たちの資格を大切にして欲しいと考えています。介護福祉士会と学生のこのような関係が養成校全体に広がり、広島県の介護の力になるように頑張っていきたいと思っています。

お問い合わせ

当会へのご入会やお問い合わせは、
お電話・メールフォームから承ります。

お電話

電話番号082-254-3016

受付時間: 9:00〜17:00 定休日:土/日/祝

メール

ページトップ